So-net無料ブログ作成

孤狼の血 [シネマ&演劇]

「アウトレイジに対する東映の答えですね」と古舘伊知郎がコメントしていたので、少し期待して丸の内東映に見に行った。アウトレイジ、仁義なき戦い、相棒の「いいとこどり」という感じ。アウトレイジのドライな画面に対して、義理、人情、ウエットな空気感。東映やくざ路線全盛のころナマでみた人たちには、それなりの感慨があるかもしれないが、たけしバイオレンスを見た世代には、二番煎じ感がぬぐえなかった。

IMG_1840.JPG

ストーリーで一番の違いは、「裏切り」がない点かもしれない。みんなが忠実で、やくざ世界のドロドロ感に欠けた。エロスの面でも宣伝ほどに見所はなく、期待外れ。役者はみんな熱演なんだけどなあ。

江口洋介は渋くてかっこよかっただけに、もう少し彼にまつわるストーリーが欲しかった。原作は柚月裕子、白石和彌監督。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。