So-net無料ブログ作成

ジャガーの眼 [シネマ&演劇]

唐組の第63回公演「ジャガーの眼」を雑司が谷の鬼子母神・紅テントで見た。1983年(昭和58)に亡くなったアングラ演劇の旗手・寺山修司へのオマージュとして、唐十郎が創作した。寺山が愛用したジーンズサンダルが巨大化して冒頭から出てきたり、劇中でも詩人・寺山の名が何度か出てくる。寺山の最後の演劇論集「臓器交換序説」にもヒントを得たといわれる。 IMG_2510.jpg 今回の公演は、内野智、月船さらら、大鶴美仁音が客演していて、いつもよりパワーアップした感じ。移植された眼球の角膜に残るかつての恋人の残像。謎の探偵社や、怪しい医者らが絡まって、大活劇を繰り広げる。 IMG_2512.jpg 雑司が谷の初日ということで、なかなかの入り。5月のこの時期の公演は暑くも寒くもなく、つくづく観劇日和で幸せな気分になる。2時間余りの公演はカタルシスを感じさせる大団円で幕。出演陣の紹介と挨拶の後、舞台の向こう、境内の暗闇に役者たちがそれぞれはけていく。やり切った感のある、この感じがたまらなくいいなあ、と思う。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 1

Stephanie

Good day! I simply wish to offer you a big thumbs up for the
excellent info you have right here on this post.
I am coming back to your website for more soon. Way cool!
Some very valid points! I appreciate you penning this
article and the rest of the site is very good.

I’ll immediately grasp your rss feed as I can’t to
find your e-mail subscription hyperlink or newsletter service.

Do you have any? Please allow me realize so that I may just subscribe.
Thanks. http://nestle.com
by Stephanie (2019-05-26 04:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。